Warning: include(./include/doctype.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/chicappa.jp-sagamihara/web/tosou/works/sagamihara_midoriku.html on line 1

Warning: include(./include/doctype.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/chicappa.jp-sagamihara/web/tosou/works/sagamihara_midoriku.html on line 1

Warning: include(./include/doctype.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/chicappa.jp-sagamihara/web/tosou/works/sagamihara_midoriku.html on line 1

Warning: include() [function.include]: Failed opening './include/doctype.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/chicappa.jp-sagamihara/web/tosou/works/sagamihara_midoriku.html on line 1
相模原市 緑区のサイディング外壁塗装|町田・相模原の塗装職人
> 相模原市 緑区のサイディング外壁塗装
相模原市緑区 外壁サイディング塗装

相模原市緑区 外壁サイディング 屋根 コロニアル

建物形状・外装 形状:1戸建て
外壁:サイディング
屋根:コロニアル
塗装内容 ■塗料の種類
・外壁:水性シリコンセラ 遮熱塗装サーモアイ
職人 戸嶋

職人からの感想

相模原市緑区のお家です。
相模原市といえば少し前は区がなかったので、緑区というと横浜のほうを想像してしまいます。
政令指定都市移行前は城山町だったらしいのですが、以前は城山町とういうものすごく遠い感じがしました。でも相模原市緑区という名前になったおかげで近い感じ?が勝手にしてしまいます。
肝心のお家のほうはサイディングとコロニアル(カラーベスト)の住宅です。シーリング部分はかなり傷んだ状態で、シーリングが割れてその下の青いボンドブレーカーが見えていました。

工事完了後はとても喜んでいたただきました。塗装工事後は足場があるうちに地元の電気屋さんにてエアコンの工事を行ったそうなのですが、足場に上がらなければ絶対に見えない場所まできっちり塗りこまれていると、その電気屋さんに言われたそうです。室外機も交換することになるエアコン工事は、塗装後に行うことも多いらしく、手抜きなどの欠陥が見つかることが多いということもお客さんづてに教えていただきました。
ちなみに「高かったでしょう」と、その電気屋さんが話していたそうです。塗装屋冥利に尽きますね。
塗装の質は本当のところは見た目だけでは分かりにくいです。正直お客さんに喜ばれるとうれしいくやりがいはあるのですが、本当の質は数年後に現れるので、必ず長持ちするという確信的な理由をお客さん自身持っているわけでもなく、やはり専門的な知識をもっているプロとは違うのでそういう意味で喜んでもらっているとは私は思えないのです。喜んでもらっているとしたらそれは職人の対応だったり作業のことだったり実際に起きた現実であって、耐久性という数年先のことは特にお客さんの場合その時になってしか実感できないのです。なので他の塗装工事と比較することが多いこのような電気屋さんにそう言われると、本当にうれしいですね。

作業風景

外壁周りの様子どこのお宅もそうですが、外壁まわりには物置などいろいろなものが置いてあります。足場を組む前にどかしてもらえるものはどかしていただくなどして、足場の組みやすさを確保します。 家の裏の様子
家の裏には、遊歩道みたいなものがあって、横には川が流れています。さすが元城山町。もう少し行けば相模湖ですからね。
工事前の挨拶ご近所は同じ築に建てられた住宅が並んでいます。工事挨拶を済ませました。ご近所のみなさんが笑顔で対応してくれるとホッとしますね。 玄関前のタイル玄関前のタイルです。なぜタイル?と思われるかもしれませんが、足場などの作業中にかけてしまう可能性もなくはないため、一応写真を撮っといています。
サッシ周りのシールはシール専門職人による2液タイプのシーリング材を使用サッシ周りのシールです。長い年月のため劣化して肉やせしているのはわかるのですが、それを差し引いてもボリューム不足すぎですね。今回は10年たっても肉やせが分からなくなるぐらいに、シール専門職人による2液タイプのシーリング材で行います。 近くのお蕎麦屋さんで昼食近くの小はる庵というお蕎麦屋さんでお昼ごはんです。おいしかったです。
町屋の信号町屋の信号です。ここから現場はすぐなのです。 シーリングが割れているため下のものも見えています青いものが見えませんか?ボンドブレーカーというバックアップ材が。シーリングが大きく割れているため、その下にあるのものまで見えてしまっています。
雨戸雨戸です。今回は塗りません。 割れているサイディングサイディングが割れています。だいたいビスを売った部分から割れていることが多いのですが、今回はそうではないようです。
足場を組んで中塗り足場を組んで、これはもう外壁の中塗りの状態です。両隣のお家も同時期に建てられたようなので、これからですね。 玄関前玄関前です。まだ塗装作業中なので、仕上がりではありません。
壁の中塗り壁の中塗りです。仕上がりの色が紺に近い青なので、まだこの状態では下の色が透けて見えています。 軒裏と外壁の取り合いのシール軒裏と外壁の取り合いのシールです。やはりシールの色が透けて見えています。もう一度塗ることによって、透けやカスレがなくなります。
屋根屋根です。遮熱塗料のサーモアイを使用しています。たっぷり塗っているので、赤外線を反射させる効果に期待大ですね。 屋根の反対面反対の面です。赤外線を反射するので、屋根の温度上昇が抑制され、屋根下の室内温度も低下させることが可能です。
家の裏側の様子家の裏側は小川のようになっています。家がたくさん建っているので、工事の際はぜひお声かけしてほしいですね。 壁の中塗と雨樋の仕上げ壁は中塗りの状態ですが、雨どいの仕上げに入っています。小さなローラーで転がして塗りムラのないように仕上げていきます。
三角のベランダ三角のベランダが張り出しているデザイン性の高いお宅です。結構大きめのベランダです。 北側からみた家の全体像北側からの見た家の全体図です。側面から見るとベランダの形状がよくわかりますね。
家の横の看板家の横には、まだこのような城山町の看板が見えます。 後から相模原市緑区と刻印された看板町の名前の看板も、相模原市緑区と後から刻印したようなシールが貼られています。
ドライブスルーある回転寿司 はま寿しお昼は、はま寿司という回転寿司屋さんです。なんとドライブスルーまでありました。珍しいのでパチリ。 足場解体後 塗装完了足場解体後、塗装完了後の様子です。上塗りと養生はがしなどの状態は撮影できませんでした。
ベランダは白ベランダは青ではなく白系の塗料で塗替え、おしゃれなツートンカラーになりました。 少し遠目から見た様子少し遠目から撮影しました。厚膜、かつ艶やかに塗り上げられています。
ご近所から見た様子ご近所からみたお家。 配色が会社と同じよう実は、うちの会社と同じような配色です。外壁が紺色、雨樋の白色が映えますね。
境川を背にした様子城山湖まで続く境川を背にしてパチリ。相模原にお住まいの方はどうぞ距離を気にせずにご相談があればご連絡くださいね。  

横浜市鶴見区内でおこなった各種、家の外壁塗装工事



お問い合わせ

対応クレジットカード一覧

無料お見積りはこちら

塗装職人の動画

Tポイント貯まります

いいね

わくわく塗装体験ブログ

Google