一級塗装技能士の施工
11 10 お客様名
神奈川県相模原市 モルタル外壁塗装 雨戸塗装工事

壁の中塗り

【8日目】2009年10月10日 【職人】川口、岡

中塗り

川口が中塗りを始めました。ローラーで材料をたっぷり塗り、下地の小穴などを塗料で埋め込むようにしながら塗装しています。

ローラー使ってたっぷりと

ローラーは縦だけでなく横にも転がしてしっかり塗料を重ね、均等に厚みのある塗膜をつけていきます。

塗膜の厚みで凹凸をなくす

外壁に塗膜の厚みをつけることにより、壁の凸凹や段差を目立たなくさせます。また、塗膜の耐久性が向上するので塗装を長持ちさせることができます。

下塗りと中塗りの厚みでローラーの滑りもよくなる

下塗りと中塗りの厚みで、塗料の吸込みが止まりました。ローラーの滑りもよくなるので、仕事のペースも上がっていきます。

ローラーが入りにくいところは刷毛で

戸袋の下はローラーが入りにくいため、岡が刷毛で丹念に塗っていきます。

厚くぬる

こういう細部は傷みやすくもあるので、塗料を厚く塗って仕上げました。

3回たっぷり塗る

刷毛塗りはローラー塗りと違い、塗膜の厚みが薄くなりがちなので、岡が3回たっぷり塗り込みました。

あれた所は、とくに塗料をたっぷり

雨戸や戸袋の下、傷みによって荒れている所は、特に塗料をたっぷり塗布。そのため、均等な厚みに塗り上がりました。



11 10





お問い合わせは0120-382-361

対応クレジットカード一覧

無料お見積りはこちら

塗装職人の動画

Tポイント貯まります

いいね

わくわく塗装体験ブログ

Google